TNR(さくらねこ)活動を始めました

公益財団法人どうぶつ基金では、助成金による野良猫・地域猫の、避妊・去勢手術を支援してくれています

近所で野良猫のコロニーがあり、そこで次々子供が生まれるため、

野良猫なので病気の子も多く、道路も近いので、成猫まで育つ子は少ないものの、猫が増えています

迷い猫など、今までさんざん保護してきましたが、もう飼うのは限界ですし、せめて増えないように

11月から、TNR活動をすることに決めました

病気の子などは家猫と一緒にできませんし、保護できるのは月に3匹が限度かな…という状況で

まずは現場へ、下見のつもりで何も準備せず、猫のコロニーに突入すると、まさかの子猫が3匹寄ってきて捕まりました

さくらねこの手術は11月25日に予約していましたが、その日は19日、まだ日がありますが、ここで離したら25日に捕まえられないという事もあるので、とりあえず家に連れ帰りました


流石ノラ猫さん、子猫でもやさぐれています

猫風邪で目がショボショボ、くしゃみして鼻水ブシャー!!

家猫と完全隔離、お手入れの度に着替えが必要な状態でした


一度お風呂に入れましたが、三毛ちゃんの顔にノミが…

フロントラインスプレーを振り、ビブラマイシンとインターフェロンの点眼薬をし、この日は様子見

3匹とも耳ダニで耳の中が真っ黒、掃除しても掃除しても大きな塊が続々出てキリがない状態でした


朝、子猫を隔離した部屋に入ると異臭が…体に染み込んだ汚れの匂いが凄くて、再度お風呂に入りました


目のショボショボや鼻水はまだ収まらず…



治療が進むにつれ、お顔立ちがハッキリしてきました


風邪も治り、虫下しもして、調子良さげ

お顔もすっかり綺麗に可愛くなりました

避妊・去勢手術は25日です


手術終了

さくらねこの目印、耳カットされています

手術日は戻ってきてからぐったりしてしまい、とても心配でしたが翌日にはご飯を食べられるようになりました


さくらねこは元居た場所に放し、地域猫とするのがルールなんです、そこがちょっと悲しい所… 不幸な子猫を増やさないために、毎月保護していこうと思います。