6月の猫さん保護・TNR活動報告

5月は野良の母猫さん3匹の出産ラッシュによって、沢山の子猫が誕生しましたが

最後の子猫も6月11日に譲渡が完了

母猫さんも2匹は譲渡出来ました

5月はその他にも成猫さんを1匹保護しておりましたが、感情が無いような状態だったので、我が家で飼う事に

追々譲渡に出そうとは思っておりますが、毎晩3時間は鳴き続ける状態となってしまい、まだまだ譲渡には時間がかかりそうです 保護した日がTNRの手術前日で、どういう子か分からないまま手術してしまいましたが、攻撃性など無く、夜鳴きが無くなれば飼い猫になれる子だったので、桜猫にしなくても、実費で避妊すればよかったなぁと後悔

首回り・腕・尻尾など毛玉カットしてあり毛が短いですが、元はフワフワの猫さんで、繁殖用で飼われていた子が捨てられた可能性があります

年齢ももしかすると7歳くらいにはなっているかもしれません

名前は5月に保護したのでメイちゃんと名付けました


6月は猫友の方が保護した猫さんの里親さん探しもしておりました

こちらは生後2カ月程度の茶トラくん

この子は、以前飼っていた猫が2匹伝染性腹膜炎で、完治させたという凄い方で(治療費200万円以上かと)、その猫さんは娘さんが嫁入りの時に連れて行ってしまったので、新しく猫を飼いたいと仰ってくださった方に譲渡させていただきました


もう一匹はこちらの成猫のシャムの男の子

とても可愛らしい映え顔の猫さんで、性格もデレデレのとっても可愛らしい子です

この子は傷口から化膿して膿が溜まっている状態で保護され、当初は外科的治療が必要な状態で、目にも猫風邪の後遺症がありました

ジモティーで里親様を募集していた所、遠方の方からも治療費だけでも助成したいと、ありがたいお言葉をたくさんいただきました

色々な方からお問い合わせいただいたのですが、治療費を全額出すと仰ってくださった山梨県の方が、里親となる決心をしてくださり、遠路はるばる譲渡に来てくださいました 預かりしていた方も一生懸命治療してくださったので、譲渡までの間に傷がかなり良くなり、外科治療不要なまでに回復しておりました

皆に助けられ、可愛がられて、可愛い子はいいですね


猫風邪の後遺症で、目の粘膜が溶けてくっ付いていましたが、目も大きく開いており、こちらもちょっと切るだけで済みそうです


5月に発見した多頭飼い崩壊しかけているお宅

完全室内飼いの子とエサやりだけの外飼いのがおり、譲渡完了した子猫以外に、成猫が全部で13匹

外飼いの猫さんは、道路の真脇に立っている朽ち果てた家の残骸の中で暮らしている状態

近所の方が餌をくれたり、可愛がられているそうなのですが、地震などで崩れたら危ないなぁ…と心配です

このミケさん、外飼いで耳カットもされていませんが避妊手術済みです

実費で手術したので耳カットされていません

この子は知らない人が来ても触れるくらい人慣れしており、ジモティーにて里親様を探しております





オスは全て去勢済みだったものの、避妊していないメスが4匹もいるとのこと…

内1匹は5月に出産した母猫さんですが、子猫の譲渡も完了しましたし、避妊手術が出来ます


手術の日は6月23日

前日の22日に捕獲機を貸出し、エサやりをして猫さんが慣れているお爺さんに23日の11時までに捕獲をお願いしておりました

3基の捕獲機を持っているので、3匹は絶対に捕まえて避妊手術しましょうと、念を押しました



手術は12時予約だったので、11時に猫さんを預かりに行くと、1匹しか捕まらなかったと平然と言われました

どうやら、無理やり捕まえるのは可哀相的な感じらしく、猫を増やしておいて責任感を感じられませんでした

確かにその子は助けないと亡くなっていたかもしれないし、エサをやってくれたり可愛がってくれている気持ちはありがたいのですが、何としても避妊・去勢しないといけないんだ!という気持ちが無いので、避妊しないまま大人になっちゃっているわけで、猫が嫌がっているとか、そういう事じゃないんですよね…

軽くキレそうになりつつ、手術の開始時間をずらし、私が捕獲することにしました(急遽母も捕獲の応援に参加)

猫たちはパニックで、捕獲機に入るような状態ではなくなっており、時間も無いので今回の捕獲は素手で行きます


まず、臆病な茶トラさん 風邪の後遺症かな?目の開きが悪いようです

飛び降りてきた際に、ガッツリ首根っこを捕まえたので、やった♪と思ったら、手伝おうと来てくれたお爺さんが口の前に手を出すので噛まれてしまい、そのままだと何度も噛まれてしまうので一旦放しました

慣れない人だと怪我しますよね…

もう一匹のキジトラさん

この子の逃げっぷりはすさまじく、最後は疲れ果てて体が硬直して動かない位にまでなり、やっと捕獲出来ました


2時間ほど格闘し、何とか捕獲に成功、いざ手術へ


手術後の帰宅は午後8時半ごろ

耳がカットされています

本来なら切らなくていい耳を切ることになって可哀相ですね…

ただ、もし捨てられて野良猫になったとしても、耳カットされてさえいれば保健所にて殺処分されないのです

耳カットされていない野良猫さんを見かけた時は、自分で飼えない場合であっても、とりあえず捕獲して【さくら猫】にしてあげて、それから里親を探すなり、地域猫にするなりを考えるようにした方が良いです




今回手術した子の内、こちらの子は5月に初産をした子だったのですが

子宮内膜炎と子宮に腫瘍が出来ていたそうで、そちらの治療と点滴を行いました

4匹の子猫を出産し、里子に出しました

エイズ・白血病は陰性だったのですが、子宮に腫瘍があって炎症を起こしていたなんて、可哀相です

治療をしたので痛みは治まるでしょう、良かったです


6月も譲渡に預かりに里親募集にTNRに…凄く忙しかったです

新しい家族、メイちゃんも増えましたし

もう、仕事よりも猫で忙しい日々


自分は10年以上前から捻挫しすぎの靭帯損傷で悩まされているのですが、いよいよ毎日疼痛がある状態となり24日に整形外科を受診しました

仕事の予定なども整えて、2~3か月様子見してから手術となる予定、入院も数日はするみたいです

猫の病院ならすぐに行くけど、人間の病院は…メチャメチャめんどくさい


最後に、多頭飼い崩壊寸前のお爺さん宅の猫さんたち、里親様を募集中ですのでご紹介♪

全て避妊・去勢済み猫さんです

全部ではありませんが、ジモティーにも情報掲載させていただいております