top of page

4月のTNR活動報告

先月までは、残念ながら救助が間に合わず、寒い時期を乗り越えられず亡くなってしまった子もいました

暖かくなってきて、ホッとする一方、春は猫たちの出産の時期

こちらの猫コロニーも大分野良猫が減り、ぱっと見猫はいなくなったかのようですが、別の場所にはやはり妊娠中の猫さんもおりました

今月のTNR手術日は28日でしたが、19日にこちらの、しばらく前から餌やりしていた茶トラさんを保護しました

いつも保護しているコロニーとは別の場所から保護した猫さんで、前々から捕獲しようとしていたのですが、やっと捕まりました…

ですがもう妊娠中、しかも臨月のような状態

性格は穏やかで、妊娠中の警戒心が高い時期にも関わらず、おさわりも抱っこも可能でした

小柄で小顔でとっても可愛らしい子です

一旦我が家で隔離し、数日経過の後、白血病の検査をしたところ陰性と判明

なので、この子はさくら猫にせず、出産させて、子猫ともども里親様を探すことにしました

この猫さん、実は尻尾がありません

ジャパニーズボブテイルなのかな??と思ったのですが、尻尾らしき物も無い…

病院で診てもらったところ、尻尾自体が無い状態だそうで、何が原因かは分からないが、おそらく切られてしまったのだろうという事でした

辛い思いをした子なのに、病院でも大人しくお利巧さんでした

次に保護した子です

体全体が汚れていますし、体臭もきついです

鼻は詰まっており、よだれダラダラ、猫風邪状態、口内炎も大分あるかも

エサやりされている方がいますが、不衛生な状態でエサをあげたりしており、腐ったご飯に大量の蠅がいるような状態でご飯を食べています。

全ての現況がこのエサやりさんの性なのですが、何度お話ししても上の空、話が通じません

糞尿の染みた土の上に、一度も洗わない皿、そこへレトルトご飯投入…すぐさま蠅ブンブン、アリなどの虫も…やめてと説得しても全くやめません

環境が悪く、ここのコロニーの猫さんたちは全員病気やけがをしている状態で、非常に劣悪な環境です

私がこのコロニーの猫を保護し始めた時には、土地一帯の空気が冬でも糞尿臭い状態で、20匹くらいの具合の悪い猫がたむろしている状態でした

TNR活動で大半の猫をさくら猫にすることができたので、土地一帯の空気は大分糞尿臭が軽減されてきています

エサやりさんがいるにもかかわらず、普通の野良より汚い…

耳の後ろは大きなケガ、皮膚が裂けています

このコロニーでは現在エイズが蔓延しており、この子もエイズキャリアだと思われます

可哀相ですね

我が家で飼っているハチはこのコロニーから保護した子で、死にそうだったのを保護し、里親様を探す予定でしたが、エイズキャリアだったことと、毎日のケアが必要で、治療が一生続く子のため、我が家で飼う事となりました

状態としては背中から脇にかけて大きく2か所裂けていたハチの方が酷かったのですが、今では完全に治っております

治療してあげれば、皆こういう風にお坊ちゃまになれるんですけどね、ただエサやりだけして増やす人がいる以上、終わりのないことですし、助けるものキリがないですから…

凄く大変でしたが、死ぬ寸前というような状態でしたので、助けられてよかった…

ですが、他の家猫もいる中で、エイズの猫を飼うのはとても大変です

ハチの治療にも去勢・抜歯・縫合・耳の腫瘍切除・投薬・幹細胞注射などでもう…70万円くらいかかってるかもしれませんし、毎日のケアと治療は一生です

同じようにエイズキャリアの子を何匹も助けようと言うのは流石に無理ですし、他の家猫さんと戯れる時間が無くなってしまい、可哀相な思いをさせてしまいます

今回の猫さんは、適切な治療をお願いし、可哀相ですがコロニーに戻すことになります


続いて2匹目に保護した茶トラくん

妊娠中の子とは何のつながりも無い、こちらも不衛生な環境のエサやりさんのコロニーから保護した子です

目は膜がくっ付いて開かなくなっています

元々このコロニーにいた子ではなく、エサを求めてやってきた子で、縄張りに入ったためにケンカになり、鼻や耳に怪我をしています