top of page

超満喫!でも望遠レンズで後悔、広島5日間

コロナの影響もあり、旅行に行ったなんて言うと気にする方もいるので、大分時間をおいてのご報告

4月6日~4泊5日で旅行をしてきました

今回、何となく望遠レンズを持って来てしまい、カメラではアップ過ぎてしまい全然役に立たず、写真がほぼ携帯頼みになってしまいました


【行程】

1日目:平和記念公園・本通り商店街散策(夕方〜夜)

2日目:平和の時計塔〜原爆死没者追悼平和祈念館〜平和記念資料館〜縮景園〜広島城〜紙屋町シャレオ

3日目:厳島神社〜紅葉谷公園〜弥山登山〜表参道商店街〜岩国錦帯橋

4日目:大和ミュージアム〜てつのくじら館〜入船山記念館〜あれいからすこじま〜歴史が見える丘

5日目:マツダスタジアム〜エディオン〜福屋百貨店


東京の歯医者に通うついでに、ちょっと長めの一人旅

今回は広島+山口です

調べ尽くした充実の旅行内容を、ご紹介させていただきます!

東京では状態の確認のみで、30分もしないで診察終了

12時の新幹線で広島に向かいます。

広島到着は4時過ぎ、まず広電乗り場にある案内所で、広電パスポート2days用1500円を購入

使用開始日は指定できるので、翌日から使用します。

とってもお得なので2days用がおすすめ!

広電八丁堀駅下車

一人旅なので宿はビジネスホテルのホテルビスタ

近くに有名なお好み焼き店【みっちゃん】があります

こちらでテイクアウトのお好み焼きを購入しチェックイン

部屋で休憩がてらお好み焼きを食べます。



並ばず食べられますし、お持ち帰りの豚玉は500円と超リーズナブル!しかもソバもカリッと美味しかったです。


市内観光するなら、宿泊場所は八丁堀駅周辺がおススメです。

おすすめ①

縮景園や広島城方面の白鳥行き電車が出ているので便利

おすすめ②

紙屋町シャレオ(地下街)・本通り商店街・平和記念公園を徒歩で順序良く無駄なく見て回れますし、帰りは広電一本で戻ってこれるので往復歩かないで済みます。

広島市内は遅めの時間に着いても十分観光可能です。

まだ日が暮れるまで時間があるので、平和記念公園内を散策


まずは念願の原爆ドーム見学、凄いです

元安橋、原爆投下後、被爆者の方が川の中に入り、地獄絵図のようになったという元安川です

平和記念公園のチューリップが満開で綺麗でした

平和の鐘

原爆の子の像


平和祈念像

平和の灯


望遠レンズなので苦戦しながらタイマーで自分を撮影

祈りの泉


祈りの像

日が落ちてきて街灯がつきました



私は原爆ドームのライトアップが見たかったので、平和記念公園を散策してもまだ日が暮れず、本通りを散策しに行きました。


ライトアップ…??

再度原爆ドームに行きましたが、思ったよりも大分弱いライトアップでした


平和の時計塔


電車で戻れば楽ですが、帰りも電車に乗らず、本通りや地下街を散策しながら、ホテルに戻りました。

夕飯は地元で有名な蓬莱の天津丼と広島県産牡蠣使用のカキフライをテイクアウト

天津丼は小サイズでも凄いボリューム!!

餡たっぷりで美味しかったです

カキフライはテイクアウトだとイマイチ


部屋はダブルルームに1人でしたので結構快適でした。

お風呂のガラスが透け透けなので、2人だと苦手な場合もあるような...






翌朝は前日食べきれなかった、お好み焼きと天津丼の残りを食べましたが、残りでも美味しい!

ホテルに荷物を預け、身軽に出発

この日から広電パスポートを使いまくります!


毎日、原爆が落とされた8:15分に平和の時計塔のチャイムがなるので、そに時間に合わせ原爆ドーム駅へ

原爆ドームから川を挟んだ向かい側に平和の時計塔があります。

音を取ってきましたのでお聞きください♪(画像は手持ちでグラグラしています)



次に8:30から開く原爆死没者追悼平和祈念館を見学する時間まで、公園内を散策して写真を撮ったりしながら、のんびり歩きます


平和の鐘の前でタイマー撮影してみました

朝の原爆ドーム

赤い鳥文学碑、三重吉の胸像



原爆死没者追悼平和祈念館

原爆投下時に広島に住んでいた、外国人神父さん達の企画展で、OPENして直ぐでしたので貸切で見学でき、とても良かったです

たくさんの神父さんたちが人命救助をしてくださり、日本の為に尽力してくださって、被災の悲惨さが良く分かりました

のちに日本国籍を取られた神父さん達の名前が、だいぶカッコイイのは少し笑っちゃいましたが

映像展示が感動的なので、映像展示を最初から最後まで見るのが良いと思います

焼け野原になった広島の写真が大きく展示されていました


続いて平和記念資料館へ、平和記念資料館は9:00オープンなので、人が少ないです

道中、平和の子の像・平和の灯などを通ります(前日も見ましたが、夕方に見るのと朝に見るのではまた雰囲気が違います)

館内展示は原爆投下~投下直後~投下後の後遺症など、時の流れに沿った展示のあとに、投下の経緯や規模などの解説といった流れでした。


原爆投下のシーンの再現

被災者達の衣類

溶けた金属

被災した人々

やけどの治療や目の治療をしています

投下後の火災

流れ着くご遺体


投下後の黒い雨

生存者の中でも汚染された水などで病気を発症し、亡くなられた方が沢山おられました

黒死病の発症

癌や白血病、精神病で亡くなられた方も沢山おられました

本館と東間を繋ぐ通路から見ると、原爆死没者慰霊碑、平和の灯、原爆ドームが一直線の、美しい景色を見ることができます


東館には、アメリカの投下の経緯や、原子爆弾の種類、威力、被爆の資料などの展示がされています。

広島と長崎では核の種類が違う事や、長崎の方が威力は高かったことなど、勉強になります。


謎の黒い爪が生える指(しかも爪の中に血管が通っている)

現在の原爆ドームの模型

原爆投下前はこのような姿でした

平和記念資料館は、たっぷり時間をかけて見学

平和の子の像ができた経緯などもじっくり知る事が出来ます。

直後の地獄絵図の状況だけでなく、後遺症での家族崩壊、悲しい中でも笑顔で遊ぶ孤児達、感慨深かったです


桜は終わりかな~と思っていたら、公園内で若干まだ咲いているところもありました


資料館を出て、市バスで縮景園近くのバス停まで移動しました。

たまたまバスに乗れたので乗りましたが、バスは結構わかりづらいので、調べるのが面倒な方は、原爆ドーム駅から八丁堀で白鳥方面の広電に乗り換えれば大丈夫です

縮景園ではガイドさんに案内してもらうことができるのですが、ガイドさんの空きが無い...

ちらっと他のグループを案内しているガイドさんの話を伺ってみましたが、原爆投下後、縮景園の池も沢山の死体で溢れる状態だったそうです

資料館で聞いた神父さん達も最初は縮景園まで避難していたので、たどり着いたものの、亡くなる方も多かったのでしょう



ハトが良い顔していました

今年は桜が思いのほか早く散ってしまったのですが、牡丹桜が満開でとても綺麗

散策後、縮景園ではお抹茶セットを頂きました

見本では生和菓子が付いてくるはずが、もみじ饅頭で少し残念

縮景園を出て、そのまま歩きで広島城へ

バスで行った方が近くまで行けますが、本数が少ないので中々利用しずらいです

広電パスポート提示で団体料金で見学できます(使うの忘れましたが縮景園も多分割引だったはず)

「広島城は大したことない」と聞いていたのですが、十分立派!

刀の展示が沢山ありますし、日本号という槍が綺麗で怖い

2人位は貫きそうです

城前では、外人のカップルが自撮り棒で撮影していました

あれじゃ絶対城入んないよな...と思うと、折角日本来たのに可哀想に思えて、拙い英語で話しかけてみると、嬉しそうに携帯を渡してくれたので、数枚撮影しました

想像以上に喜んでくれて、最後に「アリガト、カワイイ」と、私に言ってくださったのです!!(o^^o)

めっちゃ美人さんにカワイイ言われたぞ!と幸せな気分になり、彼女ばかり撮影しているインド系のカップルに声をかけてみたら、めっちゃ「ノー」言われた

近づくなみたいな冷たい感じで、ビックリ

不倫か⁉コロナか⁉︎

てか、入国制限中になんで外国人観光客がいるのか不思議


冠木門も立派

広島城のすぐ近くに、広島護国神社があります

帰りはバスに乗ろうかな〜と思ったら40分来ない...

少しなので広電の駅まで歩き紙屋町駅で降りました

地下街のシャレオを散策

可愛いアクセサリーのパーツショップを発見

モフそっくりのパーツが有りました!

中に別パーツを挟めるデザインだったので、ミルキーホワイトのスワロフスキーとストラップに加工するためのパーツを購入



似てる♡


広電で八丁堀駅まで戻り、ホテルに荷物を取りに行き、次のホテル、アパホテル広島大橋前へ

広島市内観光は1日で十分なので2日目からは広島駅周辺に拠点を置くと、行動しやすくなります

大浴場があるのが何よりの魅力!しかも安い!

しかし!!アパホテル、部屋がめっちゃ寒い

冷暖房が一括管理なので自分で調節できない

4月7日の設定はまさかの冷房オンリーで部屋自体が寒いのに、エアコン付けるともっと寒いという地獄

室内なのにパジャマのほかに、上下ヒートテックと靴下とダウンベスト着用でガクブルしながら過ごしました

夕飯には、食べたことの無いものを見つけ購入

何とも言えない味だった…


朝は地元のパン屋さんのクルミレーズン石窯パンとシジミスープ


3日目の予定は宮島&岩国

7時に出発です

潮見表だと宮島が海に浮いて見える時間帯は8〜9時だったので、早々に厳島神社へ向かいます

宮島観光には、満潮・干潮の時間を時間を必ず調べていかないと、行ったけど海に浮いているように見えない…という時間帯もありますのでご注意を

広電広島駅から宮島口駅下車

宮島口からのフェリーも広電パスポートで乗る事が出来ます

最速で移動したいなら、広電やフェリーではなく、平和記念公園から高速船で移動する手段もあります

その場合は、広島宿泊ではない方が便利です

私の旅行プランは広電パスポートを最大限に使い移動費を抑えているプランなので、移動に時間を掛けたくない人には高速船移動や新幹線移動という手段があります

大鳥居は修復中、分かってはいたけど残念

美しいですね~✨