5月のTNR活動報告

毎月猫を保護していた原っぱの猫たちの避妊・去勢、残すはメス一匹

保護前に妊娠してしまったため、出産を待っての避妊手術となります

警戒心が強く、捕獲機にも入らないため、まずは子猫を奪うところから始め

エサやりさん宅の玄関のドアギリギリにケージを置き ケージ内に入れた子猫で釣って、ケージに入ったら玄関を閉める、という方法でやっと捕獲しました

蚊やハチがブンブン飛ぶ中、気配を消して耐え抜き、念願のメス捕獲

この場所の猫コロニーは、この猫を最後に去勢・避妊完了となります


子育てで疲れていたのか、凶暴で手に負えないかと思いきや、意外にも大人しい子でした 赤ちゃんと一緒に入れるスペースを作り、手術までの間を自宅で過ごしてもらいます




子猫たちは里親様を募集することに

まず、体を綺麗にし、食事は人工授乳になります

母猫の募集しか飲んできていないので、ご飯の食べ方や哺乳瓶の吸い方は全くできませんので、補助して食べさせる必要があります

白が多い子は我が家のハチとそっくり

ハチは去年7月に保護したので、ハチの子では無いのでしょうが、身内なんでしょうね

ハチはエイズ発症中で助からないと言われた子で、医療費もかかるため我が家で飼う事になりましたが、現在は元気に過ごしております



もう一匹は黒猫さん、とっても可愛いお顔立ちなんです♡

里親様を募集するにあたり、母猫さんのウイルス検査を行ったところ、陽性

この保護場所にはエイズが蔓延しているので「やっぱりな」とは思いましたが、ショックでした

エイズの母猫さんから1月母乳を飲み続けている子猫ですから、この子たちも既にエイズキャリアでしょうね

エイズキャリアとして里親様を募集することとなり、波乱の幕開け


原っぱの猫コロニー問題が解決したので、別の場所の野良猫問題解決のため、保護に向かいます

採石場のような場所で、猫を捨てていく人が多いです

血統書付きの猫のような猫が捨てられることも多く、サイベリアンやブリティッシュのような猫もいる場合もありますが、すぐ脇が道路の為、轢かれてなくなる子が多い場所です

ただ、ここにエサやりにくる方は、懐っこい子や捕まえられる子は、保護して避妊・去勢し飼っているそうなので、沢山捨てられるのと同時に保護もされており、メンバーの入れ替わりが多い場所です

捕まえられる子を保護してくれているのはありがたいのですが、結局捕まえられない子が出産してしまうので、保護するのであれば捕獲してでもやらないと、問題がいつまでも解決しません

野良猫が沢山いる場所があれば、其処に猫を捨てていく人もいるため、堂々巡りになってしまいます

エサやりさんのエサ場付近に捕獲機を設置

モフモフしたロン毛の小さい黒猫さんを捕獲

かなり凶暴で暴れまくり、口から出血してしまいましたがオス猫を捕獲

最初に捕獲した猫さんと別の場所での捕獲ですが、柄がとっても似ています

この子は片耳だけアメリカンカールのようにカールしています


さくら猫になるため、3匹手術に向かいます


手術終了

まだ、うつらうつらしています

エイズキャリアですし、エイズが蔓延している場所での保護猫さんで、可哀相ですが、母猫さんはエサやりさんがいる原っぱにリリース、子猫とお別れです


オスの黒白ちゃんもかなり凶暴な子でしたので、エサやりさんのいる石置き場にリリース

その時に捕獲時には見かけなかったベージュ色の猫さんが居ました…きっとまだまだいるんでしょうね


黒猫ロン毛さんは、ウイルス検査陰性でした

さくら猫の手術後、ロン毛に糞尿が染み込んでしまい汚かったので体を綺麗にしてあげましたが、その時に胸が張っている事に気が付きました

小さいのでまだ子猫かと思っていたのに、まさかの母猫だったようで、全く気が付きませんでした

保護時に赤ちゃん猫もおらず、鳴き声もしていませんでしたが、居た場合亡くなってしまったでしょうし、申し訳ない気持ちでした、ですが、もしかしたらエサやりさんが子猫を持って行っていたのかもしれないし…

黒猫さんは攻撃性皆無でしたので里親様を募集する事にしましたが、ご飯は食べるものの、美味しい不味い等の反応もなく、毛を梳かしても嫌がるでも喜ぶでもなく、何をされてもされるがままのぬいぐるみ状態で、心が「無」のような感じです

捨てられた子なのか、感情を全く感じられず、このような猫は初めてでした

里親を探す予定ですが、この状態では里親様も愛情をもって育てられないと思うので、暫く感情が芽生えるまで、我が家で保護しメンタルケアをしていこうと思いました


抱っこしても嫌がりも甘えもせず固まって無になります

遊具に置くと、暴れるでもなく、くつろぐでもなく、そのまま動きません

繁殖用に飼われる子ってこういう心が死んだような子がいる気がするんですが…


その後、近所でやたら猫が沢山いる営業していない美容室があったので、訪問をしてみました

案の定、室内は猫のオシッコの匂いが凄い!猫はざっと見5匹ほど

避妊・去勢についてお話しさせていただくと、意外にも殆どの猫が避妊・去勢済みでした

ただ、困っている猫がいると拾ってきてしまうそうで、春に保護した猫2匹がメスで、しかも出産されたとの事

里親募集などはしたことが無く、今まで拾った猫たちは去勢・避妊して全て飼っており、現在は自宅と職場で17匹の猫を飼っているとの事でした

春に生まれた子猫は合計5匹、里親探しを申し出るとありがたく受け入れてくださいました


翌日、美容室と、ご自宅に子猫を撮影に行きました

皆可愛い子ばかり♡





子猫の成長は早いので、急いで里親を募集するべく、ジモティーに記載し、知り合いの猫好きさん達に連絡

そんな時、エイズキャリアでも飼いたいとの問い合わせが入りました


翌日黒猫ちゃんの譲渡があっという間に譲渡完了

飼っていた黒猫を亡くされた方で、生涯可愛がっていただけること確定です!

この子はエイズキャリアなのですが、それでも良いと仰ってくださいました


この日から、子猫たちの譲渡先が次々決まります

問い合わせ対応や、一時預かりのコーディネイト、譲渡のタイミング調整、飼い主さんとの連絡などで頭がこんがらがる…

ジモティーはIDでのやり取りとなり、SNSからの連絡、LINEからの連絡、誰が誰で預かりなのか譲渡なのか、どの子を希望なのか、一覧を作って処理していきます


翌日には2匹の譲渡が終了いたしました

明日は母猫さんのウイルス検査を行うため、母猫さんをお預かりして病院に連れていきます

やなさっては譲渡で2家庭に3匹の子を譲渡させていただきます


さてさて、あっという間に譲渡が決まり、残すはメンタルケア中の黒猫さんと、エイズキャリアの白黒ちゃんです 白黒ちゃん、この子だけ異常に人気がありません

一時預かりすら断られました、可愛いのに預かるのすら嫌なんてひどいです!

兄弟一人が貰われて行ってしまったので、一人で寂しそうです

エイズキャリアなので、我が家の家猫とも遊ばせられません


そんな時、飼っていたエイズキャリアの子を亡くしたという方から連絡が入りました

もう一匹発症前のエイズキャリアの子を飼っているそうで、キャリア同士なら遊べますし、お話を聞くと、治療の経緯や諸々共感できる点が多く、安心してお任せできる方でした

これで里親探しは全頭終了です


今月は母猫1匹と子猫3匹の譲渡に始まり、成猫3匹と子猫2匹を捕獲し、成猫のTNRの手術 成猫のウイルス検査と子猫2匹の譲渡

その後に引き受けた里親募集の子猫5匹の譲渡

メンタルケアのために自宅で保護したロン毛黒ちゃんと、計15匹の手術・里親募集。譲渡対応を行いまいした

これだけハードだと、仕事は1週間は休むようになりますね、