三毛猫の赤ちゃんを保護しました、里親募集中です

https://jmty.jp/fukushima/pet-cat/article-rlnq8 三毛猫の赤ちゃんを保護しました 只今ジモティーにて里親募集中です

座っている時の身長は、20cm位

鳴き声はまだ赤ちゃん猫の鳴き声で、とっても可愛らしいです









保護して直ぐにゴロゴロ、スリスリ、とても人慣れしていてビックリ!

お風呂に入れて、爪を切っても平気でした

健康状態は多少脱水していたものの感染症などの兆候はなく良好、お風呂に入れましたが虫なども付いていませんでした

ごく最近に、乳飲み子から食事がとれるようになったのを見て、飼い主が捨てたっぽいです

野良猫の子猫の場合、栄養状態が悪く病気だったり恐怖心が強かったりで、生存のために脳を使っている感じで賢くない子が多いのですが、この子は、小さいながら、洞察力、理解力、行動力があり、好奇心旺盛でありながら落ち着きもあり、堂々としています 道具を使って高い所に上ってみたり、高い所からジャンプしてみたり、追いかけっこに誘ってきたり、知らない場所に連れてこられたのに色々見て回って状況を把握し、他に沢山の猫がいても警戒せず堂々と寝れる

子猫でありながら、今までの保護猫とはレベル違いで賢い猫な気がします 我が家では圧倒的に丸が賢い子でしたが、丸の子猫時代と近いものを感じます 賢い子の場合、子猫時代には興味を持つと色々とイタズラをしたりして大変です


丸の場合は、一晩中走り回ったり、ドアや壁を垂直に登ったり、冷蔵庫や戸棚は全部開けるなどしていました

とにかく興味ある事はずっとやっていて、睡眠時間の少ない猫でした

飼い猫でありながら雀を捕まえたりもしましたし、人間なら頭脳明晰、運動神経抜群のパーフェクト女子だったんだろうなぁと思います

人間の真似をして楊枝をかじってみたり、歯ブラシをかじったり、ワインを飲んだりもしました

震災の時は「まる、避難だよ」と言うと、車に乗るために玄関で待つようになりましたし、状況と言葉の理解力が凄く高い子です

薬は「あーんして」と言えばあーんするし(苦い薬以外)

そんな丸も今は22歳、すっかりお婆ちゃんで、今は一日の大半を寝て過ごしています

私に「草採ってこい」と命令したり、具合が悪くなると「そろそろ点滴をしてくれないか」と訴えかけてきます

賢い猫は、人間の言葉の意味も理解して行動するので、年を重ねると知能がどんどん発達しますし、種族を越え互いに意思疎通ができるようになります

こんな賢い子には今後出会えないだろうな~とは思っていますが、この子もマルくらい賢いのかなと思ったりしています


里親様募集中ですので、どうぞよろしくお願いいたします。